浮気が原因で離婚に至った場合の慰謝料について

浮気が原因で離婚に至った場合、どれくらいの慰謝料がもらえるのかご説明します。ズバリ、慰謝料は200〜300万円前後になります。ただし、この金額の範囲で絶対に慰謝料が決まるかといわれるとそんなことは一切ありません。
例えば100万円しかもらえない場合もあれば、300万円以上もらえる場合も十分にあります。
なぜ、もらえる慰謝料の金額に大きな差が出てくるのかについてですが、それは浮気に至った経緯も関係しています。
例えば一方的に浮気をして家庭を破たんさせてしまったという場合であれば、高額な慰謝料をもらえる可能性は高いです。
一方、全く性行為を拒否していてセックスレスになっていた場合には浮気行為は相手方にもその一因があると考えられて減額されてしまうこともあるのです。
また、浮気相手の方が既婚者だと知っていて浮気していたかどうかも慰謝料に影響を与えます。当然知っていたのであれば、家庭を壊すことになってもいとわないと考えていたと判断されて慰謝料増額の可能性が高まります。
いずれにしても同じような状況というのはなかなかありません。もしも悩んでいるのでしたら弁護士事務所等に相談して、どれくらいもらえるのか聞くのがベターです。